体に異変?


ユーグレナは健康を目指す食品になるので好転反応も知っておく必要があります。

 

ユーグレナは
ミドリムシと言う言い方をされることもありますが、葉緑素をたくさん含んだ微生物の1種で、体の不純物を分解してくれるばかりでなく、体質を改善し新陳代謝を活発にしてくれると言う働きがあり、健康食品としても非常に注目されています。

 

これまでの様々な健康食品よりも即効性が高く、また安定した効果を示してくれるとして、最近では多くの人が愛用しています。

 

ユーグレナを服用してしばらくすると、体に異変を生じることがあります。

 

下痢気味になったり、微熱が出たりといった一見副作用ではないかと思われるような症状になることもありますが、このような作用はユーグレナの好転作用と呼ばれるもので、体が良い方向に変化していることを示すものです。

ユーグレナの好転反応

好転とは物事が良い方向に変わると言う意味ですが、ユーグレナの場合には体調がより良い方向に改善されていることを示します。

 

 

下痢気味になったり、微熱が出ると言う事は新陳代謝が激しくなり、体の老廃物を積極的に外に出そうと言う活性化を示すものです。

 

 

また微熱は体の細胞が積極的に動いていることを示すもので、活動的になり体温が上昇すると言う状態を示しています。

 

 

ユーグレナの好転作用としてよくあるものとして、他には何となく体がだるいとか、頻繁に眠気を催すといったこともあります。

 

 

これは体が活動的になっている反面、これまでの体の動きが活発でなかったために体内のエネルギーの補給がついてゆかず、いわゆるエネルギー切れを起こしているような状態になるためです。

 

 

このような状態の時は当然食欲はありませんが、やがて食欲が湧いてきてバランスが取れるようになって行きます。

 

 

このようなユーグレナの好転反応は一見、副作用と見間違うことが多いものです。

 

 

そのため慌てて病院に行こうとしてしまうことも多いのですが、しばらくすると体調が改善されていることに気づくはずです。

 

 

どうしても心配な場合には服用を中止し医師に診てもらうことも1つの方法ですが、ほとんどの場合には好転反応を示していると診断されることが多く、少し我慢して服用を続けたほうが良いと指導されることが多いのです。

 

 

ユーグレナは、これまでにない良い影響を体に与える食品として非常に注目されています。

 

 

これまでに副作用が発生した例は確認されていませんが、自分の体調と相談しながら、好転反応の状態も意識して服用することが大切です。